HOME > RECRUIT > 中途・アルバイト採用 > インタビュー

  • Press KBFブランド販促 洞口 美佳 (入社 12年目) KBFブランド販促
    洞口 美佳 (2002年 入社)
  • URBAN RESEARCH DOORS 販売職 店長
    鈴木 孝太郎 (2008年 入社)
  • URBAN RESEARCH 販売職 店長代行
    山家 美季 (2012年 入社)
  • URBAN RESEARCH ROSSO バイヤー
    松酒 奈央 (2006年 入社)

> 中途・アルバイト採用
エントリーはこちら

Interview 先輩社員へ聞く

Brand Pres KBFブランド販促 洞口 美佳 (入社 12年目)

Brand Press
KBFブランド販促
洞口 美佳 (2002年 入社)

Shop Manager URBAN RESEARCH DOORS 販売職 店長 鈴木 孝太郎 (入社 7年目)

Shop Manager
URBAN RESEARCH DOORS 販売職 店長
鈴木 孝太郎 (2008年 入社)

URBAN RESEARCH 販売職 店長代行 山家 美季 (2012年 入社)

Shop Sub Manager
URBAN RESEARCH 販売職 店長代行
山家 美季 (2012年 入社)

URBAN RESEARCH ROSSO バイヤー 松酒 奈央 (2006年 入社))

Buyer
URBAN RESEARCH ROSSO バイヤー
松酒 奈央 (2006年 入社)

Assist 就業制度

各種制度

ロールプレイングコンテスト
アーバンリサーチの接客スペシャリストを決める全国大会です。
地区予選を経て、東・西日本の決勝大会を勝ち抜いたスタッフには、優秀賞としてスタイリストの証しであるゴールドバッジが授与されます。
そして、全体会議と同日に行うエキシビジョンで社長賞を決定し、選ばれたスタッフにはニューヨークやパリなど、ファッションが旬な都市への海外研修が待っています。
その後も接客講習の講師やロープレコンテストの審査員を務めるなど、接客技術向上を担うポジションで活躍しています。
ヒトカドっち
感謝の気持ちを伝えたり、相手の良いところをバッジに置き換えて送り合う社内コミュニケーションツールです。
一緒に働くメンバーのことはもちろん、働くブランドや部署が違っていても、その人がどんな“ヒトカド”な部分を持っているのか、今なにを目標に進んでいるのかが一目でわかります。
また、社内報やお客様からのお褒めの言葉を全スタッフへシェアする情報共有のツールでもあります。
URBAN RESEARCH Career Challenge
人事異動の一貫としてあった社内公募制度が、未経験の仕事でも「挑戦できる」という、さらに前向きな機会とすべくURBAN RESEARCH Career Challenge (URCC)へ生まれ変わりました。
ヒトカドっちの個人アカウントから応募が出来るようになったことで、開かれた制度ではありますが、機密は守りながらも、より社員の主体性に任せた仕組みになりました。
社内で新しくできたポジションや、新しいメンバーを募りたい部署がある場合には、挑戦するチャンスが全社員平等にあります。
これまでには、プレスやWEB運営・マーケティング、システム開発など、自分の夢を掴み取った人が多数います。
表彰制度
全従業員を対象として、会社に貢献したスタッフを称える制度です。
半期に一度、四半期会議での予算達成率の表彰や、UR CLUB (弊社会員サービス)の発信において優秀な成績を治めたスタッフに贈られる「UR CLUB AWARD」があります。
そして、年に一度、全店舗の責任者が一堂に会し執り行われる表彰式では、社内社外問わず、ロープレコンテストにおいて優秀な成績を治めたスタッフを表彰するロープレ部門の表彰、個人部門としてバッジの送受信数が優れたスタッフに贈られる「ヒトカドっち賞」、店舗部門として「予算達成率賞」「売上高賞」「坪効率賞」、その他チーム別部門と称し、商品企画チームを対象とした「クロージング賞」、WEBコンテンツの制作チームを対象とした「WEBコンテンツ賞」など、その他多数の表彰項目があり、その活躍を表彰します。

福利厚生

  • 各種社会保険完備 (健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金保険)
  • 社員割引制度
  • 定期健康診断
  • リゾート宿泊施設会員
  • 産前産後休暇
  • 短時間勤務措置
  • 育児休業
  • 介護休暇
  • 忌引休暇
  • 慶弔金

※当社規定もしくは法定基準を満たした場合

会社が成長するのに伴い、制度を構築しています。産前産後休暇や育児休業についても、年々取得率が高まってきており、今後も働きやすい環境づくりに努めていきます。