URBAN RESEARCH RECRUITING新卒採用

INTERVIEWインタビュー

SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH
沖縄PARCO CITY店

店長代行 知花 亜美

私の年表

経歴

2018年
SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH イオンモール沖縄ライカム店 入社
2018年
SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH タカシマヤ ゲートタワーモール店 異動
2019年
SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH 名古屋店 異動
2019年
SENSE OF PLACE by URBAN RESEARCH 沖縄PARCO CITY店 店長代行 昇進異動

現在の仕事について教えてください!

今年6月にOPENした沖縄PARCO CITY店のレディース責任者として勤務しています!
お店はスタッフみんなで作り上げるものだと思っているので、そのためのコミュニケーションは欠かさずとるように意識していますね。とはいっても日常の中だと言いにくいこともあると思うので、月に一回面談の時間を設けて、現況や思っていることの聞き取りを行ってます。スタッフそれぞれの能力に応じた業務を適宜振り分けられますし、目的意識を持って働いてもらうことに繋がると思っています。
また、接客にも力を入れて取り組んでいきたいと思っていて、2019年の社内ロープレ大会にも出場しました。自分のスキルアップのため、というところは勿論なのですが、スタッフ育成の一環として自分の背中をみて接客を頑張ってほしいという意味も込めて、頑張ってます!

入社してから印象に残っていることは?

タカシマヤで過ごした半年間が一番大きな経験ですね。 生まれ育った土地を離れて初めてひとりでやってみる、という点で自分自身と向き合う時間が多く、仕事面だけでなく内面的にも成長できました。昔からなんでも自分でやろうとしてしまう癖があるのですが、改めて人への頼り方とか、仕事面での効率とか、大型店舗ならではの人の回し方とか…挙げていくときりがないくらい学ぶことがありました!
そんな半年間の経験が本当に今に生きていて、現在所属している店舗の店長ともタカシマヤの良いところと沖縄らしさをMIXしたお店づくりをしていこう、という話をしています。私が経験してきたことを、じゃあうちでもやってみようか!って率先して取り入れようとしてくださるので仕事がしやすいですし、それが結果的にプラスに働いたときの充実感は大きいです。
お客様が何を欲されているかは地域によってもかなり変わってきます。私の主観として、沖縄では全体的に接客を求めていらっしゃらないお客様が多い印象だったため、以前沖縄店にいた際は接客に対して少し控え目になってしまっていましたが、今は自分が培ったことを他のスタッフに伝えて少しずつ日々の業務に取り入れてもらっています。まず接客の楽しさを知ってもらって、自分にもできるんだ!という自信に繋がることが一番大事だと思うので。自分もそうでしたから! 実際それが少しずつ数字にも出てきていて、いい方向に向かっているのが嬉しいです。

会社のココが好き!

自分のやりたいことが形にできるところです。
名古屋に異動するチャンスをもらったのは、県外に出たいという自分の意志を上司に日頃から話していた、という経緯があったんです。社内で新卒採用のプロジェクトメンバー募集があった際も、やりたい!と声をあげると周囲の方が快く賛成してくださったり、何かに挑戦しようとしたときにそれを実現できる環境が整っている、ということを肌で感じています。プロジェクトの時は異動してすぐの時で仕事面、生活面ともに余裕がない時期でもあったのですが、限界を作りたくないタイプなので自分の経験や人脈を広げたい、自分も新卒で入社しているので、なにかの形で貢献できればと思って。
もうひとつは人がいいところです!沖縄PARCO CITYにはSENSE OF PLACEとDOORSがあるんですけどすごく仲良くて、週1とかで飲みに行ってます!笑
同期ともめちゃくちゃ仲が良いですね。ブランドの垣根を越えてなにか一緒に仕事できたらいいね、とよく話してます。

PAGETOP