URBAN RESEARCH RECRUITING新卒採用

INTERVIEWインタビュー

URBAN RESEARCH warehouse 三井アウトレットパーク大阪鶴見店
店長代行 永岡 菫

私の年表

経歴

2015年
URBAN RESEARCH warehouse 三井アウトレットパーク大阪鶴見店 配属
2017年
店長代行 昇進
2018年
URBAN RESEARCH warehouse THE OUTLETS HIROSHIMA 異動
2019年
URBAN RESEARCH warehouse 三井アウトレットパーク大阪鶴見店 異動

現在の仕事について教えてください!

店舗運営やスタッフの教育は勿論、理想のお店に近づけるよう日々、頑張っています。
責任者として目指すのは、風通しのいい店舗。正社員、アルバイト関係なく、スタッフひとりひとりが「こういう店にしたい。そのためにどうすればいいか。」を考えながら、楽しんで仕事をしてもらえるのが理想です。仕事だけど、仕事仕事しすぎないというか。
その人がやりたいことができる環境づくりをするのが私の仕事です!

入社してから印象に残っていることは?

台湾に店舗がオープンする際社内でヘルプスタッフを募っていたのですが、行きたい!と手を上げて実際に行かせていただいたことです。
今思えば、1年目の右も左もわからない状態でよく許可していただけたなと思います。笑
上司には、入社歴は浅いかもしれないけど、教えてもらう側でなく、現地スタッフに指導する立場で行きなさいといわれていたので、今の自分にできることを探りながら、アーバンリサーチを台湾の方々に広めるため頑張りました。

もう1つはOUTLET HIROSHIMA店にオープニングスタッフで異動したことです。
当時4年目、ある程度のことはひとりでこなせる、という状態で店長代行としての異動だったのですが、まずお店を真っ新な状態から形にしていくことってこんなに大変だったんだ!と実感しました。こんな細かいことも自分たちで決めていかないとお店って成り立たないんだ!って。
仕事としては勿論ですが、人生経験として、めちゃくちゃいい勉強になりました。
それまでいた中型店舗と比べると面積、予算、売上どれをとっても莫大な数字で、プレッシャーはありましたが、自分の手で何百万もの売上をとれるというのはすごいことだと実感しましたし、何よりもスタッフ一丸となって予算達成ができたときの喜びは大きかったです。慣れない土地で毎日一緒に過ごすスタッフは家族みたいだな~と思う日々で、忙しいときも仕事中目があったり、声をかけてもらうだけで元気がでました。

これからやりたいこと

店長になりたいです。理想とする店長像により近づきたい。
店長とはただその役職に就くということではなく、周りの人に認められて初めてなるものだと思っています。
自分はまだまだ未熟者なので、スタッフから信頼感を持ってもらえるように成長していかないといけません。頑張ります!

PAGETOP