URBAN RESEARCH RECRUITING新卒採用

INTERVIEWインタビュー

URBAN RESEARCH Make Store
スーパーバイザー

佐藤 実紀子

私の年表

経歴

2014年
URBAN RESEARCH Store ラゾーナ川崎店 入社
2016年
URBAN RESEARCH Make Store 東急プラザ銀座店 店長代行 昇進異動
2018年
URBAN RESEARCH Make Store 東急プラザ銀座店・エキュート大宮店 兼任店長 昇進
2019年
スーパーバイザー 昇進

現在の仕事について教えてください!

SVとして担当エリアの店舗管理、教育などのマネジメント全般、それ以外にも扱う商品の選定やVMD等、幅広い仕事をさせて頂いてます。Make Store(以下MS)ではアーバンリサーチで展開するほぼ全ブランドの商品を扱っているのですがその中でもMSで売れるような商品を選定する必要があるので、自分の担当エリアだけではなく全店舗の特徴をわかっていないといけません。あの店は駅ナカでOLの方の利用者が多くて、とか…。
大変な仕事ですが、選んだ商品が店頭で売れていくのを見ると嬉しいですし、次はどんなものを選定しようかわくわくします!その逆のときは、しっかり反省して次に活かします。
責任重大なので勿論不安もありますが、好きなので充実しています!

入社してから印象に残っていることは?

社内ロールプレイング大会に出場したことです!
実は接客があまり得意な方ではなくて、苦手意識を持ったままMSに異動したんですね。そんな中上長にいい経験になるからとロープレ大会出場を勧められて、恐る恐る出場を決意しました。笑
出ると決めてからは週に一回のペースで、他店のスタッフやSVと集まって沢山練習しました。その結果予選を勝ち上がって決勝に進むことができて。すごく嬉しかったです。
SVやマネージャーにもよかったよと言って頂けて、そこで初めて接客に自信がついたというか、楽しみながら接客できるようになりました。残念ながら受賞には至らなかったのですが、あのときロープレに出ていなかったら今も接客に対して苦手意識を持ったままだったかもしれません。
今まで接点がなかったような方ともみんなで一生懸命練習して、みんなで喜んで、というのが大人になってからはなかなか経験できないような貴重な機会だったと思いますし、ブランドの団結力を感じられました。

これからやりたいこと

商品のことに携わりたいです!というのも、各ブランドに元々ある商品でなくURBAN RESEARCH Store(以下Store)の店舗でしか置いていないStore限定商品の取り組みに、今ブランドをあげて注力しているんです。
MSを含むStore業態ではアーバンリサーチで展開するブランドの商品を取り扱っているのですが、例えばあくまでブランドはURBAN RESEARCH(以下UR)なので、URの雰囲気は残しつつ、でもStore、MSだったらこういう商品が売れる!というのをURの商品部の方に提案して、商品化して頂いたものをStoreとMSの店舗限定で販売しているんです。
ただ、StoreとMSとでは売れる商品がやはり違うんです。折角Storeと差別化されたMSというブランドとして動いているので、もっとブランドを大きくして、MSだけの商品作りに携わりたいです!

PAGETOP