HOME > NEWS > 4月1日(木)よりアーバンリサーチがお客様の不要な自社衣料品の回収を開始〜 回収した衣料はアップサイクルし、新たな商品へ再生いたします 〜

NEWS

2021.03.29[company ]

4月1日(木)よりアーバンリサーチがお客様の不要な自社衣料品の回収を開始
〜 回収した衣料はアップサイクルし、新たな商品へ再生いたします 〜

commpostイメージ

株式会社アーバンリサーチは、独自のSDGs方針「3C」の取り組みの1つとして、お客様が不要になった当社の衣料品回収を11店舗にて開始いたします。
回収した衣料品は主に、廃棄衣料をアップサイクルするサステイナブルマテリアル・プロダクトブランド「commpost (コンポスト)」の原料として再利用いたします。

「commpost」では、これまで自社の廃棄衣料(自社倉庫にある販売不可能な不良品や汚損品)を色で分けて付加価値のある素材にリサイクルし、新たな商品へと生まれ変わらせてきました。この取り組みにより、これまで破棄されていた廃棄衣料はほとんどなくなり、資源の有効活用及び二酸化炭素の排出量を抑制などに繋がっています。

アーバンリサーチが「commpost」の取り組みを始めてから、今年で3年目になります。第一弾商品でcommpostの代表的な商品でもある、多用途に使える収納バッグ「MULTIPURPOSE BAG (マルチパーポスバッグ)」は初年度より好評いただき、現在ではiPhonケースやTISSUE BOXといった商品も展開しています。
「commpost」としてアップサイクルされた関連商品は、これまで1万個以上販売しています。現在では商品の供給に対して、原料となる自社の廃棄衣料が不足していることを受けて、この度お客様の不要になった当社の衣料品回収を開始する運びとなりました。

またお客様からの衣料品の回収と並行して、洋服の製造段階において、初期不良等の理由でこれまで返品され、廃棄されていた商品の回収・リサイクルも進めています。今後はより多くの廃棄衣料の削減を目指すとともに、資源の循環利用に取り組みます。

ぜひ、皆様の不要になりました当社の衣料をお持ちください。

回収対象の衣類について

製品タグ

① 品質表示の販売元に「株式会社 アーバンリサーチ」の表示があるお洋服に限り回収させていただいております。
② 必ず洗濯後(またはクリーニング後)のお洋服をお持ちください。
③ 服飾雑貨全般は回収対象外(靴・鞄・アクセサリー)。

回収BOXについて

衣料品の回収方法については、これまでお取り組みを続けている、「一般社団法人 Green Down Project」のダウン製品回収BOXを活用させていただきました。今回の自社衣料品の回収に伴い独自のステッカーを作成し、自社衣料品およびダウン製品の回収を同時に実現していきます。

回収店舗

回収した衣料品の輸送にも様々なエネルギーが使われます。まずは、自社便が周回している以下11店舗を対象にスタートすることで、車の排ガスを抑制しながら効率的な回収を行うことを目指します。今後、回収の反応を見ながら回収店舗を拡大していきたいと考えています。

【回収開始時期】
2021年4月1日(木)〜

【回収店舗】
① アーバンリサーチ ドアーズ 南船場店
② アーバンリサーチ ドアーズ なんばパークス店
③ アーバンリサーチ ドアーズ グランフロント大阪店
④ アーバンリサーチ ドアーズ ららぽーとEXPOCITY店
⑤ アーバンリサーチ 堀江店
⑥ アーバンリサーチ ルクア イーレ店
⑦ アーバンリサーチ ららぽーとEXPOCITY店
⑧ アーバンリサーチ ストア ルクア大阪店
⑨ アーバンリサーチ ストア 近鉄あべのハルカス店
⑩ センスオブプレイス グランフロント大阪店
⑪ センスオブプレイス 天王寺ミオ店

commpost

commpost

共有、共同、常識、良識を意味する「common (sense)」と郵便・提示する・標柱を意味する「post」を組み合わせた造語。
敷居が高いと思われがちな「アップサイクル」という考え方に、ファッションの分野から、スタイルのある新しい価値や考え方を提示していく。これからの地球環境や人のはたらき方・暮らし方に対して、新しい常識を示していきたい。そんな想いから誕生したサステイナブルマテリアル・プロダクトブランド。

異なる素材(品質)が混合していて、素材分別が容易ではない衣料品のアップサイクル。素材分別が難しい廃棄繊維を色で分けて付加価値のある素材にリサイクルする研究を行っている「Colour Recycle Network (カラーリサイクルネットワーク)」との協働によって、新素材と新製品を研究開発。
ファッションには欠かせないアイデンティティーである“自社製品の色味”を生かしたプロダクトは、単なるリサイクルではなく、その息吹を残しつつ全く新しい製品へと生まれ変わります。
また、サステイナブルなマテリアルとプロダクトの開発・生産を目指し、大阪・箕面のNPO法人「暮らしづくりネットワーク北芝」と共に、同ブランドの素材・製品の生産過程における、障がい者をはじめとする就労困難者や地域住民との協働が実現。
長く使われるデザインを目指していますが、万が一不要になった際は、店頭に回収窓口を設けています。回収された商品は、再びカラーリサイクルシステムによって、新たな付加価値のある商品へとアップサイクルされます。

廃棄衣料をアップサイクルするサスティナブルマテリアル・プロダクトブランド「commpost」が、第7回環境省グッドライフアワードで実行委員会特別賞「環境と福祉賞」を受賞!

> commpost特設サイト

AWARDS 「commpost」取り組みの受賞歴

・ 2019年 第7回 環境省グッドライフアワード 実行委員会特別賞「環境と福祉賞」受賞
・ 2020年 オルタナ「サステナブル・セレクション」★★(二ツ星) 受賞

SDGs基本方針「3C」について

3C

2019年12月にアーバンリサーチが掲げたSDGs基本方針。
Clothing Innovation (衣料資源の有効活用) 、Clean Earth (地球環境負荷の軽減) 、Community Building (コミュニティの形成)の頭文字が『C』から始まる3つのテーマを中心に、アパレル企業視点で個性を活かした取り組みを推進しています。